« 弁護士に一身を捧げる一本筋の通った人は際限なくいて | トップページ | SL大樹運転は、撮影予定です。 »

2017年8月10日 (木)

■サーキット■PROSPEED KIZU

今日から夏休みです。いろいろと面倒なことがありましたが、なんとか夏休みに突入できました。
今日はちまたでは普通にお仕事の日ですから、これはラジコンサーキットに行っても人が少ないはず!との考えで、突撃しましたが、果たしてその通りでした。
■持ち込んだマシン
・TT-02R ⇒ シェークダウン
・TRF417X ⇒ 押さえ
・M-05PRO ⇒ 息抜き
■昨日からのチッチキチーとは・・・
実はM-05PROではなく、FF-03、M-04L、TT-02Rを持ち込む予定だったのですが・・・
なんか、FF-03の動きが変で・・・どうやってもアンプの調整ができない・・・
これはアンプが壊れたんだと結論付けたのですが・・・
M-04Lの方は、バンプインがあまりにもひどいので、ステアリング周りをいじってみたのですが、逆にシャーシにステアリングワイパーが擦れるようになっちゃいまして・・・戻す気力がなく、マシン変更と相成りました・・・
で、サーキットに着いて、TT-02Rを走らそうとするのですが、なんかアンプの設定が変・・・うん!?TT-02Rの組み立て中には問題なかったのに???????
M-05PROも持ち出してみたのですが、状況が一緒・・・
???????
は!?もしかして、プロポが壊れた?
状況からして間違いなさそうです・・・
これは撤収?
暗〜い気持ちになりながら店長に相談です・・・
なんか、中古のEX-1がありましてですね〜、間違いなく、プロポの故障かを確認され、そしていくらだったら買う?と聞かれたので、2万円なら・・・
と答えたら、OKとのこと。
で、そのプロポ+レシーバー(KR-413)を受け取り、まあ、レシーバーはそのままにして、TT-02Rとペアリングさせ、アンプの調整ですよ・・・
果たして、やっぱりうまく行きましたよ!
と言う分けで、今手元にEX-1が2台あります。まあ、セット的には新しい様です。ホイールエクステンションが3Dではなく、そしてレシーバーが新しい品番になってます。
さて、元のEX-1はスロットルの壊れ&スロットルレバーの折れがありましたので、修理に出すことにします。
しかし、EX-1は高かったのかどうか。
■TT-02Rシェークダウン
やっとシェークダウンですよ。メカ類はTRF415MSXからの移植だったので、いいものが付いてます。アンプは120A、モーターは13.5Tです。
で、出撃。
そうそう、ボディはTT-01で使っていたNSXです。
タイヤは前回の走行でTRF417Xに付けていたものを使いました。
う〜ん、音が大きいな〜。シャフトの音が盛大に聞こえます。
しかし、走行自体はいい感じです。エントリーモデルでこんなに走るの?ってほど走ります。タイヤが温まってくると、二か所ほど、ハイサイドを起こします。
で、ピットに戻り、対策開始です。
まあ、TTなんで調整できるところは少ないので楽なもんです。
車高とリバウンドくらいですからね〜。リバウンドもダンパー長を調整する原始的な方法ですけどね〜。
で、マシンを見ると、リバウンドがあり過ぎですね〜。
結局、M-04Lから外して整備して持って来ていたダンパー(400番、黄色)の方が短かったのでそちらに取り換えるのみでした。
で、出撃。
おお!?これまたよくなりました。
どうしても一か所だけハイサイドを起こします。よく考えたら、これは415で泣かされていたところです。で、よく考えてみたら、ここれはステアしないでまっすぐ抜けたらいいんですよ!
いや〜、これは面白かった。
■M-05PRO
まあ、前回もそこそこ走っていたM-05ですが、ストレートで巻くことがありまして、ストレートをフルスロットルできないという消化不良な状態になってました。
で、出撃。
まあ、同じですね〜。
ピットに戻り、対策開始です。
車高を確かめると、特にフロントが低い・・・
これまたダンパー長が短いってことです。
そこで考えましたよ。
あ!?TT-02Rから外したのが長かったんだ。
で、交換。多少マシになりましたが、まだ低い感じ。
で、タイヤを超安物のスリックから60DMスリックに交換してみました。
なんとなく、いい感じの高さ&リバウンドになった感じです。
で、出撃。
来ましたね~。
これはいいわ。
M-06でこれよりもよく仕上げないとな~。
■TRF417X
もうかなり古くなったとはいえ、ハイエンドのことはあります。
今日は、エキパ一人、初心者一人とおいらだったので、こんな感じでした。
・タミヤ時間:初心者(TA-07)とおいら(TT-02R)。でも初心者の方は整備の方に忙しく、ほぼおいらのみ
・中級:おいら(TRF417X)
・エキパ:エキパ
つう分けで、かなり走らせられましたね~。
#最初のプロポトラブルで1時間弱はなくなりましたが・・・
で、そのエキパの方の走りを見ていたのですが、ステアしていてもコースの直線部分ではアクセルを開け、曲がっているときにはアクセルオフにしている感じです。
で、そのマネをしてみたら・・・
すっげーいい!?
TT-02Rも相当いいと思いましたが、やっぱりハイエンドマシンの方が走りはいいですね~。
■感想
しかし、10分間ほど走らせた後にバッテリーを充電しても1400mAh弱しか入りません。むかしむかしリバティの23Tの10分間レースでは3300mAhとかでも持ちませんでしたので、さすがブラシレスですね。バッテリーも4000mAhだったり5300mAhだったりするので余裕ですね。
初心者の方のマシンはTA-07でした。これはシングルベルトの昔のシグマみたいな感じ。走りも静かで好印象でした。価格がちょっと高いかな~。それにベルトはまあ止めとこうかな~。なんとなエボ7を買いたくなっていたりします。
しかし、二日間を走行させたTRF417X、M-05PROですが、意外と壊れないんですね~WWW

« 弁護士に一身を捧げる一本筋の通った人は際限なくいて | トップページ | SL大樹運転は、撮影予定です。 »