« 島流し2 | トップページ | 遅まきながらのみかじめ料 »

2017年8月12日 (土)

オンナノコには色あるのよ!


男性のみなさんには関係ない話でゴメンナサイ。

二日目でゴザイマス。重たい方なので辛いです。昨年9月から周期が乱れて月経前症候群の程度が酷くなり、出血が多く長引くようになりました。

娘ちゃんがやっと婦人科のPMDD専門医にかかれた事で、知識もないのに彼女の妊孕を自分の事もどうしようもない私が母親落として丸抱えになっていた肩の荷が少し降り、僅かな安堵が生まれたのだと思います。

一年不調だった周期がやっと28日になりました。そうして娘が低用量ピルを服用することで黄体ホルモンの過剰分泌を抑えられ、月経前の子宮内膜増殖の際に厚くなり過ぎないようになってきたら、その時期の不快心身不安定による愁訴などが軽減されます。その間に分厚くなった内膜が激しくはがれおちる際の激痛と苦痛からも解放されます。

娘のそれを見て、やっとどん底から僅かに脱出出来る!僅かだけれども大きい!月面に降りた時のひとつの足跡のようなもの!

そう思うと、娘を妊娠した時から重体な出産、その後のICU、子育ての医学的難儀な事などなどと、私自身の初潮からの母子コミュニケーションをも救われた気がして、一気に疲れと安堵が押し寄せたのだと思います。

ロキソニンは痛くまる前に、予見して我慢しないで適用量服用すると効果的ですという産婦人科医のアドァイスに助けられ、それを実行しているのもまた良いのかもしれません。

あ、これは来るかも!?と感じたら、コンスタンも服用することにしました。SSRIもです。

女性なら殆どの方が月経と付き合います。個人差があって、社会生活が難儀ならそれはお医者さんにかかる人、ということです。そこで数多の外来患者さんと向き合い、修行された知見をシェアしていただき、治療していただくことは、怠惰でも甘えでも無いと自信を持って言えます。

そういえば、あなた娘と弟くんがお腹にいるときは、月経がとまっていたので、その苦痛からは解放されたけれど、それが妊娠出産という、月経が安寧でないと実に命がけになる事象で解決するのは、いかにも女性性に対して医学的に無知で、母子ともに危険なアプローチだったのは否めない

そう素直に認め、反省しました。

私だって辛かったんだから我慢したんだからと母と同じ事を昨夜息子に行ってしまいました。その根幹深部はおそらく、お願いだから理解して助けてほしい。それくらい困窮している。という言語で表現したらいい事にさえ気づかないくらい追い込まれていたのだと思います。

今日の合唱練習は出来るなら行きたい。容姿を小馬鹿にする人が多い60台以降のお姉さんがたと合うのは辛いのです。今まさにその時期だから。

みなさんもう閉経なさっているんですよ。これらのみなさん。

おっぱいがでかいのは、私のせいじゃなく、脳下垂体にかかる社会的ストレスにより過剰分泌されたホルモンのせい!
筺体が大きいと響くのが楽器なら、私の体はうまく使うとよい響きを持つ声をもたらすということです!
今、辛いのは、まだ月経があって、年齢の個人差により、まだ更年期障害や老眼などが貴女ほど進んでいないのです!
と、申し上げても、歪んで捉えられてしまって、
何よ!若いからなんだっていうの!?となるでしょう。

声楽をされているかたは、実年齢より本当に御若い声を出されるし、響きをもたれるし、それが実現する体をお持ちです。それで十分だと思えず、なんだか15歳以上年下の私捕まえて、競うというか、つられるというか、意地で勝ろうとするんですね、色んな手をつかって。

それに付き合うというか巻き込まれるのが辛いんです。

小玉晃先生に解剖学的に教えていただいた発声が基礎知識として私にはあるので、ふさわしい姿勢とふさわしい呼吸とふさわしい響かせ方骨格や機能の使い方さえすれば、おのずと美しい響きの声が出るんです。

本来するべきは、その方向への努力であって、それ以外の事で他人を揶揄する必要は何らないのに、年齢や容姿などばかりを同性がいうのは本当に社会的文化的に未熟な国と国民なんだな〜、って思います。

その社会的文化的価値観からすると、私のような若輩者が先輩に進言すると烈火のごとく御怒りになられるので、私は言われるがままだし、虐げられるがままですが、主宰は、それに堪えて精進しようとする人を見抜く人ですから、余計な心配であって、安心したらいいのだと、書いていて気づきました。

そういう意味では、解らないなりに、書き始め、書かれた文字を再読しながら書き進める行為は、もやもやとした思考の整理となり、取捨選択ができるようになり、私自身を傷つける必要のない情報を切り捨て、距離を取る事が出来るので、トライエラー的なブログの書き方もまたありだな、と思いました。

ね?私結構、自助できていると思いません???自画自賛

一様に女子、っていっても、色んな女子がいて、それがただ歌が好きでやってきている集団だから、主宰やリーダーにも内診偉そうに上から物を考えているし、タイミングじゃないのに思った子を臆せず言う、人生の暦だけが長くついている、人さまに謙虚でない人を辛抱強く指導されているんだから、本当に頭が下がる想いでその姿勢を拝見しています。。。

いつから、我がままじいちゃんばあちゃんが、こんなに増えたんですかねでも、私が幼かった頃から、唯一人間的に敬愛しているのは、母方の祖母だけだったなあ学は無いひとだったけれど、命に本当に真摯で優しかった。慈悲深い人だった。祖母の人生は幼少のころ、本当に厳しいもので、継母と継妹と曾祖父の新しい家族に疎外されていた事実がありますが、それでも慈悲深い人でした。

ある夜頭が痛いと休んでそのまま帰らない人となりました。そういう意味ではだれにも迷惑をかけずに旅立ちました。

関われた回数や時期は本当に僅かでしたが、人生で最高に敬愛する人です。

私は、おばあちゃんのような人になりたいです。

« 島流し2 | トップページ | 遅まきながらのみかじめ料 »